利用規約

第1条(規約の適用)
本規約は「障害者歯科ネット(https://shougaisha-shika.com/)」のウェブサイト(以下「本サイト」といいます。)の各サービス(以下「本サービス」といいます。)を利用するすべての方(以下「利用者」といいます。)に適用されます。

第2条(禁止事項)
利用者は、以下の行為または以下に該当するおそれがあると当方が判断する行為を行わないものとします。
(1)他の利用者または第三者の著作権、肖像権、その他知的所有権を侵害する行為
(2)他の利用者または第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
(3)他の利用者または第三者に対する誹謗中傷、迷惑となる行為、不快感を抱かせる行為
(4)当方のサーバー等のコンピュータへの不正なアクセス、有害なコンピュータプログラム、有害なメール等を送信または書き込む行為
(5)犯罪的行為に結びつく行為
(6)本サービスを通じて入手した情報を、複製、販売出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
(7)本サービスの運営を妨げ、あるいは当方または提携先の信頼を毀損するような行為
(8)営業活動、営利を目的とした情報提供活動を行う行為
(9)本サービスを使用して、当方または提携先を故意に虚偽情報の提供や脅迫によって困惑させる行為
(10)法律、法令、ガイドライン等、公序良俗または本規約に違反する行為または違反のおそれのある行為
(11)著しく事実に相違し、または著しく優良であり、もしくは有利であると人を誤認させるような内容を表示する行為
(12)本サービスの全部または一部を改変、改ざんする行為、他の本サービス利用者、第三者もしくは当方が入力した情報を不正に取得・漏洩・改ざんする行為、不正、違法、虚偽もしくはそれらに準ずる情報を提供する行為
(13)当方が取扱を禁止するサービスを提供する行為、その他当方の利益に反する行為、当方が不適切と判断する行為
(14)第三者による前各号の行為を援助または推奨する行為

第3条(免責)
1. 当方は提供する本サービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことは保証しておりません。また当方は、利用者にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更したり、提供を停止したり中止したりすることができるものとします。

2. 当方は、本サービスの提供の遅滞、変更、中止または終了について、本規約に定めるものを除き、利用者に対して責任を負わないものとします。

3. 当方は、本サービスの利用に関して利用者に生じた損害について、当方に責任がある場合を除き責任を負わないものとします。

4. 当方は、第三者の責に帰すべき事由によって、利用者が本サービスの全部または一部を利用できないことについて、責任を負わないものとします。

5. 当方は、下記の場合、利用者への事前通知を行うことなく本サービスの全部または一部の利用停止・終了、一時的な中断、サイトの閉鎖等の必要な対応を行うことがあります。尚、当該対応の結果、利用者に損害や不利益が生じた場合でも、当方は一切の責任を負わないものとします。
(1)定期的または緊急に本サービス提供のためのコンピュータシステムの保守・点検を行う場合
(2)システムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピュータウイルス等の感染等によりを本サービス提供できない場合
(3)法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合
(4)通信回線等の障害により配信が困難な場合
(5)火災、停電、天災等の不可抗力により配信が困難な場合

6. 利用者は、法令等の範囲内で本サービスを利用するものとします。本サービスの利用に関連して利用者が法令等に抵触または違反、もしくはその疑義が生じた場合でも、当方は、一切責任を負わないものとします。

7. 当方は、本サービスに関して、利用者同士もしくはその他の第三者との間で発生した一切の苦情または紛争等について、一切責任を負わないものとします。これらの苦情または紛争等は、利用者が自らの費用と責任において解決するものとします。

8. 当方は、いかなる場合であっても、当方の責めに帰すことのできない事由から生じた損害、当方の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、第三者からの賠償請求に基づく利用者の損害については、責任を負わないものとします。

9. 本サイトからリンクされている他サイトの情報、製品、サービスは、第三者のものであり、リンク先の情報・サービスに起因して生じた一切の損害に対して、当方に責任がある場合を除き、当方は何らの責任も負わないものとします。

第4条(反社会的勢力の排除)
1. 利用者は、次の各号に定める事項を表明し、保証します。
(1)自らが暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会的運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等その他暴力、威力、詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人(以下「反社会的勢力」といいます。)ではないこと、及び、過去5年以内に反社会的勢力でなかったこと
(2)反社会的勢力に対して資金等の提供ないし便宜の供与等をしていないこと
(3)反社会的勢力を利用しないこと

2. 利用者は、自らまたは第三者をして次の各号に定める行為をしないことを表明し、保証します。
(1)当方または第三者に対する「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第9条各号に定める暴力的要求行為
(2)当方または第三者に対する法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)当方に対し、脅迫的な言動または暴力を用いる行為
(4)偽計または威力を用いて相手方の業務を妨害し、または信用を毀損する行為
(5)前各号に準ずる行為

3. 利用者は、利用者が反社会的勢力から不当要求または業務妨害等の不当介入を受けた場合は、これを拒否し、不当介入があった時点で、速やかに不当介入の事実を当方に報告し、当方の捜査機関への通報及び当方の報告に必要な協力を行うものとします。

4. 当方は、利用者に前三項のいずれかの規定に違反している事実が発覚したときは、何らの催告なしに、かつ、損害賠償・損失補償その他何らの義務も負うことなく、本規約に基づく契約等その他利用者と当方との間で締結したすべての契約の全部または一部を解除することができるものとします。尚、本項による解除が行われた場合であっても、利用者は当方に対し、何らの請求、主張、異議申立ても行わないものとし、かつ、当方は、本項による解除によっても、利用者に対する損害賠償請求は妨げられないものとします。

第5条(権利の帰属)
本サイトを通じて提供される本サービス上のコンテンツ等に関する当該権利はすべて当方に帰属するものとします。

第6条(広告掲載について)
当方は、提供するサービスやソフトウエアに当方または当方に掲載依頼をした第三者の広告を掲載することができるものとします。

第7条(本規約の有効性)
本規約の一部分の規定が、いかなる程度でも無効または執行不可能であるとされた場合であっても本規約の規定の有効性には影響を及ぼさず、当事者の意思に最も合理的に合致するように解釈されるものとします。

第8条(規約の変更)
当方が必要と判断した場合には、利用者にあらかじめ通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。変更後の本規約はオンライン上に表示した時点より効力を生じるものとします。

第9条(合意管轄)
本規約に関する一切の紛争については、訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第10条(準拠法)
本規約に関する解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。

2018年9月1日作成/2018年9月1日適用
「障害者歯科ネット」運営事務局